かね久について・食文化を次世代へ継承

沿革

創業1945年
1945年(昭和20年)10月 仙台市柳町20番地(現、仙台市青葉区一番町付近)にて、
屋号 金久商店として小麦粉卸売業を開業

1948年(昭和23年)8月
パン粉の製造販売を開始
1966年(昭和41年)8月
仙台市宮城野区宮城野1丁目12-8に移転
1973年(昭和48年)10月
株式会社金久商店として組織変更
1985年(昭和60年)3月
仙台市宮城野区扇町1丁目12-8に移転
2014年(平成26年)2月
株式会社かね久 設立
2014年(平成26年)4月
株式会社金久商店 創業1944年(昭和19年)より営業譲渡を受ける
2016年(平成28年)2月
農林水産省・経済産業省より地域資源活用事業認定企業として採択。
事業名:宮城県産有機JAS米の「米ミルク(ライスミルクパウダー)」を活用した健康食品等の開発・製造・販路開拓とブランド化
2018年(平成30年)2月
復興庁 復興大臣顕彰
復興庁より「続く挑戦 つなぐ未来へ 岩手・宮城・福島の産業復興事例30」から、特に産業復興のモデルとなることが期待される事例6社が顕彰。
2018年(平成30年)9月
東京都中央区日本橋 オフィス開設
2019年(令和元年)10月
所管省庁、経済産業省・農林水産省より地域資源活用事業認定企業として採択。
事業名:宮城の食材と技術を活用した業務用食品のブランド構築による販路開拓
2020年(令和2年)6月
経済産業省より「令和2年度JAPANブランド育成支援等事業」交付決定。
2020年(令和2年)11月18日
本社移転(宮城県仙台市若林区)
2020年(令和2年)11月20日
多賀城オフィス開設(宮城県多賀城市)
2021年(令和3年)3月
資本金1,000万円に増資
2021年(令和3年)11月
バンコクオフィス開設
2022年(令和4年)4月
かね久自販機プロジェクト始動
2022年(令和4年)4月
かね久本社前に冷凍自動販売機「仙台パン粉食堂」「東北うまいもの食堂」設置
2022年(令和4年)5月
東京自動販売機デポ開設
2022年(令和4年)6月
横浜自動販売機デポ開設